中央公園早朝リーグ 本文へジャンプ
スポーツ早朝!

6月15日(月) ダックスVSリアクション 2回戦

引き分けを挟み3連敗中のダックスの初回、先発の寺田にたいしてリアクションは、先頭打者・中村がショートのエラーで出塁すると

続く3番・花見、4番・関谷にライト方向にヒットを打たれ

5番・長内、6番・小菅にもライトとセンターにタイムリーを打たれていきなり3点を失う。


ダックス 0-3 リアクション

(打者 関谷選手  捕手 島田選手)

◆一方、リアクションの先発・長内はダックス打線を4回まで散発の3安打、無失点に抑えるも5回につかまる。

4番・青木にレフト前ヒットを許すと、6番・熊谷に内野安打され、二死23塁から8番・宮本に2点タイムリーとなるツーベースを浴びる。

その後、内野の守備の乱れ(2E)などがあり結局、この回4失点で逆転を許す。

ダックス 4-3 リアクション

(打者 青木選手  捕手 関谷選手)


ダックスは6回表にも4安打の集中打で3点を追加し

先発の寺田が4点のリードを守り切って完投。

今季2勝目(51)を挙げた。
                (記者 新井)

ダックス 7−3 リアクション




(投手 寺田選手)